2018年1月30日火曜日

死の沿道が16チャンネルに増えたが喜んでいいのだろか

こんにちは。寒いのが苦手で朝起きれないので起こしてください。たこさんです。




2018年1月29日のメンテナンスで下記内容が修正されました。




<<実施内容>>
■「象牙の塔地下3階」及び「死の沿道」の混雑緩和のため、新チャンネル生成条件を変更。




この変更を実施した背景を考え、今後の予想をしてみましょう。




◆変更前の意見
ユーザ「象牙の塔3Fが混雑しすぎており、レッドスターストーンが足りない。」
ユーザ「死の沿道が混雑しており、放置による恩恵が少ない。」
⇒モンハンしようっと


運営「プレイヤーの同時接続数、そして1日のプレイ時間が減っている。」
⇒放置できる環境を作ろう




◆変更後の意見
運営「死の沿道と象牙の塔3Fは今までの4倍、2倍のチャンネル数へと変更しました!」


象牙の塔「3チャンネルから7チャンネルまで増えたぞ」
死の沿道「4チャンネルから16チャンネルまで増えたぞ」


ユーザ「象牙も沿道も快適になった!嬉しい!」
ユーザ「戦争コンテンツを蔑ろにしないでほしい」




こういう変更点の後は、【狩り層】【対人層】の意見が二極化する。
しかしながら【狩り層】の声が大きく、支持が多いのは当然であり、変更は悪ではないと思う。
だが、このままではいけない。
対人コンテンツのイベントを行わねば【対人層】が離れていってしまうことを運営は忘れないでほしい。




◆今後の予想
チャンネル数増加は恒久対応ではなく一時的な対応である。
なぜなら、レベルキャップ解放で象牙3Fや死の沿道には誰もいなくなるのだ。




逆に考えてみよう。このタイミングでチャンネル数が増加されたということは
【近々レベルキャップ解放は来ない。】という事ではないか?




レッドスターを配付した後のチャンネル数増加。
ユーザ達の意見はそこそこ届く運営であるとは感じる。
高級ポーションやソウルショットも配ってほしい。PvP要素を加速させてください。




攻城戦、3vs3決闘、自由闘技場、自由要塞戦
予想では2月上旬、またはバレンタイン以降であったがこの調子では3月の可能性もある。




自由闘技場だけでも早いこと来てほしい。
ユーザイベントで決闘大会をやりたい。

2018年1月29日月曜日

リネレボ サブ垢を育てます。

こんにちは。毎週末酒飲んでばっかりなたこさんです。
ゲーム or オフ会の毎日で近々家族に怒られそう。




ちなみに今日はPUZZLEのメンバーと叙々苑に行きます笑
私の分は材料22連で払えませんか?青ダイヤの貯蓄は十分です。




本題に入ります。
タイトルにある通り「サブ垢」を育てます。
メインの戦闘力が伸び悩んできたのでサブの育成に力をいれようかと思います。




サーバー:ハーディン
名前:オクトの兄
職業:アビスウォーカー
血盟:FAMILIA




この【FAMILIA】という血盟は「オクトの◯◯」シリーズのみ加入できます。
毎週土日のどちらかに家族旅行というイベントを行っており、
イベント名は「家族旅行~ in 採集ダンジョン」等の名前でやります。


前回は9人ほど集まり採集ダンジョンをジャックし記念撮影。
その後血盟ダンジョンをみんなでクリアしました。




このイベントが功をなしてですね。






【N要塞取りに行きましょうよ!!】






って流れになりまして笑
180レベルまで育成する気になりました。




無課金キャラクター達でN要塞取得。




なんだか面白そうじゃないですか?




勢いのみの発想になりますが。




「オクトの◯◯シリーズでN要塞戦に勝利し、取得」




目指していきます。




















参加者は【ハーディン】の【FAMILIA】まで!!

2018年1月26日金曜日

オクトというプレイヤーとリネレボ

こんにちは。敵対プレイヤーであっても次元で会ったら仲良くするたこさんです。
敵は敵!と割り切ったプレイをするのって中々難しい。


今日は私自身について書こうと思います。
何故急にそんな記事を書くかって?


「オクトさんって何考えてるかわからない…」ってよく言われるのである。


「何も考えてない」つもりであるが自分なりに考えなおしてみようと今回文字にしてみる。


まずはじめに、ゲームの楽しみ方は人それぞれであるということを書いておく。
【リネージュ2レボリューション】においてもそれは同じことである。




◯戦闘力等の数値を上げるのが楽しい
◯要塞戦が楽しい
◯フィールド(ソロ/パーティ)PvPが楽しい
◯他プレイヤーとの交流が楽しい
◯ランキング1位を取るのが楽しい
◯通貨/アイテムを集めるのが楽しい
◯衣装を着せ替えスクリーンショットを撮るのが楽しい
etc...


パっと思いつくだけでもかなりの数が存在する。


パズドラの様に延々と球を揃えるだけのゲームではないのがMMORPGの良い所だ。
※前回の記事にも書いたがパズドラを悪くいうつもりはない。実際にレベル300までは楽しめた。


上記に上げた中で私の楽しみをいくつか選択するとすれば


◯フィールド(ソロ/パーティ)PvPが楽しい
◯他プレイヤーとの交流が楽しい


の2点である。


味方と協力して敵対プレイヤーと戦い
敵対プレイヤーを倒した後には皆でイベントを開き盛り上がる。
ON/OFFの環境を自ら作り自らでゲームを楽しむスタイルを私は好む。


しかし、何故そこまで戦闘に拘るかというと
私は学生時代に【GunZ Online】という『プレイヤーの質が最悪のゲーム』をプレイしていた。
※GunZ OnlineとはTPSのガンアクションゲームである。
※TPSというのは1人称視点のFPSとは異なり3人称視点のことである。


このゲームは北斗の拳の世界を体現したかのようなとってもとっても民度の低いゲームである。
ログインする度に煽られ、下手くそとルームを蹴られ、初心者部屋は上級者に荒らされる毎日。


プレイヤー達の口癖は3つ
『引退しろ』、
『キャラデリタイマンしようぜ』
『二度とGunZに来るな』

おつむが未発達の若者しか集まらない、いわば馬鹿の掃き溜めみたいなゲームだった。


こんなゲームを14歳から3年間もプレイすると罵詈雑言が飛び交う環境になれてしまった。
煽り耐性がMAXなったのはこのゲームをプレイしていたからかもしれない。


そして、このゲームが原因で『重度の負けず嫌い』を発症し
『他人に勝つ楽しさ』を知り『勝つためには練習が必要であること』を学んだ。


余談であるが、【GunZ Online】の運営はネットマーブルであった。
ネットマーブルの酷さは重々理解していたつもりだが。タイトルに釣られて今ここにいる。


この後に【The Tower Of AION】というゲームを【GunZ Online】の仲間たちとプレイし


身内レギオンを作り、暴れまわった。
敵対種族を蹂躙するだけでなく味方種族を煽り、ボスを独占した。
いつしか身内が引退し、身内以外に知り合いが居ないことに気づいた時は既に遅かった。
周りのプレイヤー達から虐げられ、晒しスレテンプレ入り、野良PTに入れない。


最後には自分の居場所がなくなってしまった。


因果応報というやつだろうか。
まさか実体験で感じることになるとは思いもしなかった。正直泣いた。


『天族』から虐げられた私はキャラクターを削除し
悔しさと恨みそしてこのゲームをしたいという気持ちが残っていたため
敵対種族である『魔族』で作り直し、味方には協力的に接するプレイを心掛け
サーバー1位のシールドウィングになった物語はまた別の機会にしようと思う。


このゲームでは『敵を作りすぎると大変なことになる』ということをを実体験し
『信頼関係の大切さ』を知り『強さ』だけでは『人はついてこない』という事を学んだ。


ここまでの話で『コイツ…戦いの中で成長している…!』ように感じるかもしれないが


『負けず嫌い』『敵とはとことん戦う』そして『味方は大切にする』


893みたいなプレイヤーであることがわかる。


ちなみに【The Tower Of AION】はNCSoftという【リネージュ/リネージュ2】の運営と同じである。


【GunZ Online】そして【The Tower Of AION】をプレイした私は
【リネージュ2レボリューション】をプレイすることは必然であったのだ。


そんな1プレイヤーの私が【リネージュ2レボリューション】に求めることは


◯フィールド(ソロ/パーティ)PvPが楽しい
◯他プレイヤーとの交流が楽しい


の2点が1番しっくりきていると思う。









最後に一言







モンスターハンターには屈しない

2018年1月25日木曜日

血盟戦(戦争)について

こんにちは。 敵対血盟から別ゲーやリアルの内容で煽られるたこさんです。
リネージュ盛り上がってきましたね。


今日は【血盟戦】について書こうと思います。


まず、【血盟戦】とは何か?


【血盟戦】とは【戦争】のことである。
片方の血盟が『宣戦布告』または『無差別宣言』を行い開始される。
『宣戦布告』の場合、被血盟は宣戦布告から24時間が経過するか『応対』することで戦争が開始される。
また、『回避』をすることで相手の宣戦布告を取り消すことが出来る。
『無差別攻撃』の場合、被血盟は無差別攻撃から24時間が経過するか『応対』することで戦争が開始される。
また、『回避』ではなく『降伏』の選択肢になるため戦争を回避することが出来ない。
ただ【リネージュ2レボリューション】の戦争では以下の点においてリネージュ2と異なる。

◯死亡時のデスペナルティ―がない
◯討伐時、死亡時の名声値移動がない
要するに嫌がらまたはスポーツ感覚のPvPである。




上記を踏まえた上で私が【リネージュ2レボリューション】を半年プレイしてわかったことがある。
それは、大半のプレイヤー達は【血盟戦】を嫌うということだ。


なぜ【血盟戦】が嫌いか?という部分を自分なりに考えてみたところ

【血盟戦】が開始された場合のデメリットがいくつか思い浮かんだ。
1.放置狩りが出来ない
2.ボスが狩れない
3.敵意のないプレイヤーと戦わなければならない



9月から放置をする度に殺され続ける私は【血盟戦中】だから放置が出来ないという理由はよくわからなかったが。どうやら大半のプレイヤーは24時間放置していても倒されないらしい。


試しに私の160レベルキャラクターで1週間放置してみたところ






なんと、1度も倒されなかったのである!








私【オクト】は今まで自分のしてきたことを思い返し、、反省すれば改善されると考えた。
いや。しかしよく考えてみろ。


私のデスの9割9分9厘は【Victory】【ありゅせ】というプレイヤーである。


彼は私の熱狂的なファンの1人だと確信している。
きっと来月2月14日には血のバレンタインを届けてくれるだろう。


おっと、【ありゅせ】への愛が爆発して話が逸れてしまった。はなしを戻そう。




血盟内には様々な思想を持ったプレイヤーがいるため【血盟戦】の話題を出すと賛成派/反対派に意見が分かれ血盟としての方向性を求められることになるだろう。




【血盟戦】が開始される前に脱退するプレイヤー
【血盟戦】が開始されて間もなく脱退するプレイヤー
激闘の末、敗北し引退するプレイヤー




【血盟戦】がきっかけで様々なコミュニケーションが発展している。
プレイヤー間のいざこざ、つまり戦いが発生する度に血盟は話し合い・考え・行動する。
これが繰り返されることによって血盟は強くなる。最初から強い血盟なんてないと考えている。


各血盟もそろそろ準備が整ってきたのではないでしょうか。
今はまだ始まったばかりの【血盟戦】


今後どうなるか楽しみだね。

2018年1月24日水曜日

リネレボから見たMMORPGとスマホゲーの相性について

MMRPGとスマホゲームの相性ってどうなの?
気になったので現在プレイ中の【リネージュ 2 レボリューション】を題材に考えてみた。





まず、【MMORPG】とは何か?


【MMORPG】とは
読み方 : エムエムオーアールピージー
フルスペル : Massively Multiplayer Online Role Playing Game
数百人から数千人規模のプレーヤーが同時に1つのサーバに接続してプレイするネットワークRPG。
MMORPGを運営する企業は数台から数十台のサーバを使って1つの仮想世界(実際にはこの仮想世界
が数セット用意され、それぞれの世界が独自に運用されている)を用意し、プレーヤーはその世界
の住人となり、他のプレーヤーと協力(あるいは対立)してプレイすることができる。
MMORPGでは非常に多数の、しかも見ず知らずの人間が同じ仮想世界上でプレイするため、一般的
なネットワークゲームと比べても他のプレーヤーとのコミュニケーションを楽しむ要素が強い。
MMORPGには基本的にゲームの「終わり」はなく、プレーヤーは(仮想世界なりの)日常生活や、運
営側が用意した突発的なイベントを楽しむというスタイルになっている。





次に、最近の【スマホゲーム】は【自分のタイミングで気軽に遊べる
という部分を全面に押し出して売っているはずだ。




しかし、【リネージュ 2 レボリューション】は【MMORPG】である。




パソコンで【MMORPG】をプレイしたことがあるプレイヤーならば
【MMORPG】『とてつもない時間を浪費する』ゲームであることを理解していると思う。




【MMORPG】をプレイしたことがない方は今すぐに
FF14:https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/
PSO2:http://pso2.jp/players/
ラグナロクオンライン:https://ragnarokonline.gungho.jp/
辺りをインストールしてみてほしい。
エンドコンテンツに辿りつくまでに数カ月以上を要し、心が折れることだろう。




余談はさておき、『とてつもない時間を浪費する』という部分が
スマホゲームの良さでもある『自分のタイミングで気軽に遊べる』という部分と衝突しているのではないか?と私は考えている。




試しに【リネージュ 2 レボリューション】を開いてみよう。




・クエストを進める時
・マップを移動する時
・狩りをする時
・次元に行く時
・寝る時




全てにおいて『自動移動・戦闘』を使っていることであろう。




まさしくこれは『気軽に遊べる』という部分を意識しているシステムであるとわかる。




全部手動でやらされたらほとんどのプレイヤーが初日にアンインストールするであろう。




スマホで全手動なんて誰が考えてもめんどくさいだけのマゾゲーである。




では、自動で遊べるシステムを導入したら【MMORPG】【スマホゲーム】は仲良く共存することができるのだろうか。




ここでスマホゲームの良さを思い出してほしい。




『自分のタイミングで』という部分をカバーしきれていないという事実である。




リネージュ 2 レボリューション】をプレイしているプレイヤーは自分の周りを思い出してほしい。




・4時間ごとのフィールドボス
・毎日の血盟ダンジョン
・週1回の要塞戦




【MMORPG】の醍醐味である定期的に行われるコンテンツである。




これのせいで毎日毎週同じ時間にプレイしなければならないのだ。




明日も、明後日も、来週も。




そもそもこれらのコンテンツが楽しめるものであれば問題ないのである。




しかし、ふたを開けてみれば要塞戦は相手がいない。
血盟ダンジョンは雑魚を瞬殺するだけ。
同じことの繰り返しにマンネリをかんじているユーザはとても多いであろう。




おっと、【MMORPG】という枠から話が逸れてしまうため運営への嫌味はこれくらいにしておく。




そもそもの話になるが従来の【MMORPG】は短時間で強くなれるゲームではなかった。




しかし、最近は札束をつぎ込み時短を行うことで簡単に強くなることはできる。




だがそれでは【MMORPG】とは?に記載した


MMORPGでは非常に多数の、しかも見ず知らずの人間が同じ仮想世界上でプレイするため、一般的なネットワークゲームと比べても他のプレーヤーとのコミュニケーションを楽しむ要素が強い。



に反しているのではないか?と私は感じている。




リネージュ 2 レボリューション】をプレイしているプレイヤーはもう一度思い出してほしい。




・4時間ごとのフィールドボス
・毎日の血盟ダンジョン
・週1回の要塞戦
・週1回の祝福スクロールパックの購入




これらの時間以外は大多数のプレイヤーが『自動移動・戦闘』『放置』をしているだけのゲームである。




最近では【荒野行動】というゲームが流行っており
悔しい話であるが面白い!!大きな声では言えないが私もリネージュの合間にプレイしている。






で、放置するだけのゲームでは【コミュニケーション】がなかなか発展しないのである。






【MMORPG】は仮想現実であり、
そこには多数のプレイヤーが存在することでコミュニケーションが発達し
それらによって徒党を組んだり、プレイヤー同士で争いが生まれたり、サーバーによって違う歴史を歩むことが醍醐味であると私は考えている。




放置しているだけのゲームでコミュニケーションは発達しない。
変わったユーザでもいない限りは毎日毎日同じことの繰り返しが続くだけのゲームになってしまう。




ここまでの話で言いたいことは




【MMORPG】【スマホゲーム】はとても相性が悪く、ユーザ達がゲーム内でコミュニケーションを発達させる意識がないと長続きしないのではないか?いや、長続きしないと断言できる。




なぜなら毎週の祝福スクロールパックを購入・装備を強化し、昨日よりも高効率でエリダン放置するだけのゲームに何の魅力も感じられず辞めて行ったプレイヤーは後を絶たない。君たちの周りにもそういったプレイヤーが多くいると思う。




こういった話から【MMORPG】【スマホゲーム】は最悪の相性であると判断した。










しかし朗報もある。




最近では【リネージュ 2 レボリューション】で『戦争』が活発になっている。




この戦争を私は悪と思わない。むしろ良いものとさえ思っている。




なぜなら戦争が発生することでユーザ達の仲間意識が芽生え
敵への恨み辛みが発生し『コミュニケーションが発展していく』のである。




戦争が開始されてからメンバー達の会話も増え、敵への恨みも増えた。




そこには【リネージュ 2 レボリューション】へログインする理由が生まれた。




今の【リネージュ 2 レボリューション】はとても面白い。



おしまい。








2018年1月23日火曜日

戦争開始

新年あけましておめでとうございます。


血盟王者決定戦が終了したことで一息つけるかなと安心していたら
バチバチとした戦争が発生しハーディン内でドロドロとした戦いが起ろうとしています。


◯ハーディン戦争一覧


▼2017年12月19日 Hellworksが戦争を開始
【Hellworks】 vs 【リネレボ本家卍】【絶頂】【StrayCats】
戦争の理由については詳しく知らないため憶測で書くのもよくないなと省略。
2018年1月23日現在も続いている。




▼2017年12月28日 Victoryが戦争を開始
【Victory】 vs 【PUZZLE】 【Freesia】【ピュアフェザー】
VictoryからPUZZLEが宣戦布告を受ける。
採集ダンジョンでPUZZLEがVictoryを挑発したのが発端(?)だと思われる。
同盟であるFreesia、ピュアフェザーが参戦、しかしピュアフェザーは準備不十分で即離脱。




2017年12月29日 ピュアフェザー脱退後に他血盟が参加
【Victory】【リネレボ本家卍】【絶頂】【StrayCats】【よろず屋】【漆黒の翼】
vs 【PUZZLE】 【Freesia】
布告をやり返され6血盟vs2血盟
Hellworksと戦争している血盟が参加してきたのはVictoryのwingということでしょうか。
面白さ半分で参加して来た血盟もありますが年末ってことで楽しく戦争。






―――――――年が明け―――――――
2018年1月3日
戦争が開始されました。
------------------------------------------------------------------------------------
当血盟【PUZZLE】【漆黒の翼】へ無期限の敵対宣言をします。
以後、【漆黒の翼】へ所属する全てのプレイヤーへのPKを行います。


理由:PUZZLEへ対する無差別PKの繰り返し、ワールドチャットの煽り行為。
------------------------------------------------------------------------------------


まさかの【漆黒の翼】を永久敵対血盟に認定しました。
引き抜きをやめろコールや移籍したいしたい詐欺を何度も繰り返えされ
PUZZLE側から見て気に食わない点が沢山あり、これ以上話しても解決しないため戦争。


私はリネージュ2のプレイ経験が浅いので本場の血盟戦を味わったことがありませんが、
Tower Of AIONで敵対プレイヤーが引退するまで粘着する。と同じ心構えでいれば勝てると考えています。






余談にはなりますが、


Freesiaの血盟員から「PUZZLEにはLGの盟主がいるか?」という話を受けまして
『LGと言えばAIONのエガオヲミセテではないか?』と懐かしい名前を思い出しました。
※PUZZLEではなく別の血盟主をやっていました。

私はジケルで活動していたため、ネザカンとユスティエルの詳しい状況は知りませんが
LGの盟主「エガオヲミセテ」は一流の強さを誇るレギオンマスターとして話題になったプレイヤーだという印象です。最近うちの血盟員がフレンド登録してもらったと喜んでいました。


Hellworksも同じく、本家で最強であったプレイヤー達と同じサーバーで遊べるってのはとても楽しいことですね。




このゲーム『戦闘力』が全てじゃないから。まだまだ楽しくなると期待しています。